忍者ブログ
2017 / 09
≪ 2017 / 08 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 302017 / 10 ≫

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




『簡単に』歯のマニキュアは試したい方はこちら⇒『TOOTH MAKE』
『本格的な』歯のマニキュアを試したい方はこちら⇒『ハニックpro』
『男性用』歯のマニキュアはこちらから⇒『ハニックフォーメン』

歯磨きをする事で、
歯の汚れを除去することはできますが、歯自体は白くなりません。

なぜかというと、
歯は内側の象牙質を半透明のエナメル質が覆っている状態で、
エナメル質を通して見える象牙質の色が、その人の歯の色になるのです。

歯磨きは半透明のエナメル質の上をブラッシングしているため、
歯自体は白くはなりません。
象牙質自体を白くしない限り、
いくら歯みがきをしても白い歯にはならないのです。

≪参考≫
下記の理由で、象牙質に色がついてしまう場合があります。

1.歯の治療等で神経を除去したため黒く変色
2.歯の治療等における抗生物質によって変色
3.もともと黄味が強い象牙質である
4.もともと歯の色がまだら(斑状歯)

歯の着色は、飲食物によっても起こりやすいです。

特にカレーやワイン、コーヒー等の色の濃い食べ物・飲み物は、
色素が歯に付着しやすいとされています。
また、喫煙や加齢によって蓄積された汚れも着色の大きな原因になります。
PR



『簡単に』歯のマニキュアは試したい方はこちら⇒『TOOTH MAKE』
『本格的な』歯のマニキュアを試したい方はこちら⇒『ハニックpro』
『男性用』歯のマニキュアはこちらから⇒『ハニックフォーメン』

この記事へコメントする








絵文字:
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字